プロフィール

maya

Author:maya
PSO2は「シップ3」に生息中です。
プレイヤー名、キャラ名:まやまや

PSUはユニ6に生息していました。

最新記事

最新コメント

リンク

フリーエリア

裏をクリアしてない7thドラゴン

ひっそりと応援中
みさくらなんこつハースニール【朝からずっしりミルクポット2㍑ 】応援バナー企画参加中♪

カテゴリ

月別アーカイブ

FC2カウンター

お約束ごと

当ブログにおけるファンタシースターユニバース・イルミナスの野望SS画像著作権は(C)SEGAにあります。

検索フォーム

とりあえず試してみてから評価するのが一番。

たまにはぱそこんの記事でもー。
つっても大したことじゃないですが、皆さんちゃんと物理的に別のHDDにバックアップとってますか?
HDDは消耗品。というのは常識です。が、職場とかではこの認識があまりなくて驚きです。のあげくHDDぶっ壊れたというお話を聞くことがあるのでため息がでます。
まあ、実体験上、HDDが壊れないのでついつい対策しないままーって感じですね。PCもしくはHDDが壊れても死にはしないし、路頭に迷うこともないので、対策なんかヘビーなユーザーしかしませんねw

で、さてーかなり前のことになりますが、メインのPCのOS用のSSDを交換しました。
INTEL製の120GBのSSDから、INTEL製の240GBに交換しました。
実質容量を増やしただけのことになりますので、Win7に標準で搭載されているバックアップ機能を試してみました。SSDの交換はある意味ついで、こういう機会でないとバックアップなんか試してもみませんからね。実際にぶっ壊れてからするのと、試験でやるのではかなり変わってくるのでー。
幸いにも、PC絡みで致命的な故障をしたことはありませんので、バックアップというものには疎くまた試したこともありませんでした。というかOSに標準に搭載されているバックアップは役に立たないような話ばかり聞いていたのでー・・・
Win7に搭載されているバックアップ機能もダメなんだろうなぁと勝手に思っていました。
実際にやってみた結果から言うと、絶対にバックアップはする!!!という考えになりました。
実際は、別HDDに毎週日曜日に実行していました。でもこれは、保険というかお守り的な意味合いで故障フラグをへし折るための行動でした。今はSSDがぶっ壊れてもすぐに復旧できるという確実な手段になりました。

実際にやってみて思ったが・・・・
完全に移植できた。(デスクトップにある付箋紙にかいてある内容まで。)
始まりから移植が終わるまでの時間がすごく早い。ちょっとコンビニとスーパー行ってきた→終わってた・・・・
手順が簡単だった。修復することに特化している。(今までのシステムは大抵特殊操作過ぎて別PCで調べながら悪銭苦闘する。)

と、メリットが凄く大きいですが、注意点がいくつかー。
HDDやSSDがぶっ壊れたときの復旧用。なのでマザーボードが壊れてたときには対応していない。同じ板に交換か修理したなら、SSDぶっさせば動くからどうってことないんですがね。他の板に交換しましただと・・・地獄です・・・
簡易OS起動したのち、フォーマットするHDD類の説明の仕方が酷い。気をつけないと今接続しているHDDもフォーマットさせられてしまいます。バックアップデータのあるHDDと移植するHDDのみして後は一時的に電源を切っておく。

この注意点を改善する方法は、あえて外付けのポータブルHDDあたりにバックアップさせておいて、いつぶっ壊れていいようにしておくのもいいですね。もうこのバックアップデータのみ。
2.5インチのポータブルHDDは現在2TBと大容量化していながら、値段は1万3千円ぐらい。あとケーブルがUSBのケーブルのみとすごくシンプル、電源ケーブルがないのですっきりしています。
おいらは、ウェスタン・デジタル(WD)のやつ使用しています。そこにOSのイメージを最新版のみバックアップしてます。

移植したけど、全く影響なくて驚いています。
あ、ちなみにSSDの容量は、実領域の120GB分を追加してOSの領域として240GB確保しています。
調べてなんとかなると分かっていても、実際にやってみるものですね。これで今のSSDに何かあっても、すぐに対応できます!
誰特な記事でしたが、要はバックアップはちゃんとしましょうねというお話でした。
またねーノシ
スポンサーサイト

<< ボーナスステージはあっという間 | ホーム | EP2とはなんだったのだろうか・・・・ >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム